083-234-8181
〒750-0012 山口県下関市観音崎町11-8

小児歯科 矯正歯科 下関市 山口 おおの小児矯正歯科

子どもの歯科

むし歯を治すだけが歯科医の役割ではありません。
むし歯にならない生活習慣を、子どもの頃から身につけさせましょう。

学会・地域活動

日本小児歯科学会理事として日本の歯科医療発展に貢献してまいります。

患者様通信

~患者様の今!~
治療中、治療後の患者様の状況をお伝えしていきます。

Smile Card

皆さんの素敵なエピソード紹介致します。

EPARK歯科

携帯電話でも情報をご覧いただけます。
HOME»  子どもの治療

当院の小児歯科治療について

おおの小児矯正歯科の子ども歯科の考え方

小さなお子様にとって歯科医院は「恐いところ」「痛いところ」と思っている人が多いと思います。
このような状態で治療するとお子様は歯科医院が嫌になったり、恐くなったりして歯科恐怖症になることがあります。このままだと歯科医院に行かなくなり、むし歯など歯科疾患がひどくなり、いろいろな障害がでてきます。
そこで、子どもが歯科医院を嫌いにならないようにすることが大切です。
そのために、おおの小児矯正歯科では「歯科医院は痛くない、恐くない」とイメージさせるため、子どもの心を大切にし、指導・支援・治療を進めています。

低年齢児のむし歯治療

低年齢児のむし歯治療は、その深度とお子様の成長段階に応じた2つのコースをご用意しております。

むし歯の進行を抑え、歯科医院に馴れながら進める「かめコース」

むし歯が重症化していて治療が必要な「うさぎコース」

かめコース

子どもの心を大切にするために、歯を削らず可能な限り薬物でむし歯の進行を抑え、むし歯を急性の状態から慢性の状態にします。
しかし、むし歯菌はむし歯の中に存在しているので、進行させないため定期健診が必要です。
歯科医院に慣れてもらい、お利口になってから治療をします。

かめコースによる治療例

  • かめコース 治療例1

    初診時

  • かめコース 治療例2

    初診時は泣いていました。

↓

  • かめコース 治療例3

    むし歯の進行は停止しています。
    むし歯の部分は黒光りしています。

  • かめコース 治療例4

    現在は歯科医院に喜んで通院しています。

うさぎコース

子どもの心、気持ちを大切にしたいものの、むし歯が重症化していて治療が必要なコースです。

思春期の歯科

1. 思春期の歯周病 ー 歯肉炎と歯周炎 ー

歯は歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)で支えられています。

歯根はセメント質と歯根膜によって歯槽骨に結びついており、その歯槽骨の上を歯肉が覆っています。歯周組織が健康であれば歯は歯槽骨の中に強く埋っていることができます。

歯周病は、歯周組織が侵される病気です。

歯肉炎歯周炎があります。

健康な歯肉と歯周病にかかった歯肉の特徴
  健康な歯肉 歯周病の歯肉
 
ピンク 赤みを帯びている
  • 歯肉の表面にみかんの皮のような小さな凹凸(スティップリング)がある
  • 歯肉の先端は尖っている
歯肉の先端は丸みがある
弾力 弾力あり ブヨブヨしている
歯周ポケット なし あり
出血 なし あり
歯周病の原因

歯周病の原因はいろいろありますが、
主な原因のひとつはバイオフィルムです!

写真はバイオフィルムを赤く染め出したところです。
中でも歯と歯肉の境目のバイオフィルムは歯周病を悪化させます。

バイオフィルム:水分を帯びたあらゆる物質の表面に付着し、膜状に形成される微生物の共同体です。
口の中の汚れの他に川石の表面のヌルヌルした部分や台所の水回りに発生するぬめりもバイオフィルムの一種です。むし歯と歯周病はバイオフィルムから感染する病気です。

バイオフィルムをそのままにしておくと…

歯に付いたバイオフィルムは柔らかく歯みがきで取り除くことが出来ます。
しかし歯みがきで取り残したバイオフィルムに、唾液や血液の中に含まれているカルシウムやリンが付くと硬く石のようになります。
この汚れのことを歯石といいます。
歯石は歯みがきで取り除くことが出来ません

(1)歯肉炎

歯肉炎は歯肉に炎症が起こることです。歯肉が赤くはれ、ひどくなるとすぐに出血してしまうのが特徴です。
しかし、歯肉以外の歯周組織は問題ありません。

歯肉炎の進行

軽度から重度に進行するにつれ「自覚症状なし」「歯みがきの時出血する」「冷たい水がしみるなど違和感」「口臭がする」「歯ぐきが赤くはれて出血する」「ムズムズ痛む」等に症状がでます。

初めは痛くありませんが、ひどくなると痛むことがあります。

歯肉炎がどんどん進むと、歯周炎になります!

(2)歯周炎

歯肉炎の症状に加えて歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、歯肉の中に歯石が溜まる等問題が起こります。
症状は進行度合いによって違いますが、はじめのうちは歯肉炎と思いがちです。
しかし進行すると歯がしみる、長くなったように感じる、動く、抜けるなどの問題が起こってきます。

歯周炎の進行

歯ぐきが赤くはれる、歯ぐきから出血・うみが出る、歯ぐきがやせてくる(歯槽骨の吸収)、抜け落ちる、歯がグラグラ動く(かむと痛い)

2. 思春期のむし歯

むし歯と歯周病はバイオフィルムから感染する病気です。

食べながら本をよむ、食べながらテレビを見る、食べながら勉強する、食べながら寝る、夜食を食べる

何かを しながら 食べる“ながらぐい”は やめましょう!

スポーツ飲料やジュース、間食を一日に何度もとると…?

部活中のスポーツドリンク、塾や勉強中の間食

口の中が酸性になり、全体的に歯が溶けてむし歯がたくさん出来る原因になります。

3. バイオフィルムの取り方 ーむし歯と歯周炎にならないためにー

(1)ホームケア

毎日、ご家庭で歯ブラシやデンタルフロスを使ってを歯みがきをしてむし歯や歯周病の予防に心がけましょう。

1)歯ブラシを使った歯みがき

自分の歯ならびに合わせてみがこう!

まちがったみがき方をすると…

写真のように歯肉が下がってきたり、歯の根っこの部分が出てきます。
歯の根っこの部分はみがき方の仕方が悪いとすり減って削れてしまいます。

歯と歯の間はバイオフィルム がたまりやすい!でも、歯ブラシは上手に届きません。

2) デンタルフロスを使った歯みがき

歯と歯の間のむし歯対策としてデンタルフロスをつかいましょう!

歯ブラシによる歯間のバイオフィルム除去率

バイオフィルムがたくさんたまっています!

(2)プロフェショナルケア ー歯科医院でのクリーニングー

定期的に歯科医院で汚れをとる事で、歯面が滑沢化(滑らかでツルツルした状態)され、汚れが付きにくくなります。

4. その他

(1)12歳臼歯について

12歳臼歯

12歳臼歯とは、12歳頃にはえ始める歯です。
完全にはえきるまで時間がかかり、その間汚れがたまりやすくむし歯になりやすいです。

萌出途中の12歳臼歯は他の歯よりも背が低いので歯ブラシを横から入れて1本だけみがきます。*はえて来る時期はかなり個人差があります。

12歳臼歯がむし歯にならないために

12歳臼歯は12歳頃はえてくる奥歯です。はえたての歯は、みがきにくい上、歯の質が弱いため大変むし歯になりやすいです。日頃からしっかり歯みがきをしましょう。完全にはえるまでにはかなり時間がかかります。定期的にフッ素レーザー等で歯の質を強化しましょう。また完全にはえたらシーラントをしましょう。

(2)親しらずについて

親しらずとは、18〜25歳頃からはえ始める歯です。

顎が小さいと親しらずが正常にはえてこない事があります。その場合、バイオフィルムがたまってむし歯や歯肉が腫れるなど問題が起きる事があります。
定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。

再石灰化療法(削らないう蝕治療)

Ⅰ.むし歯の原因

むし歯は、むし歯菌が産生する有機酸によって起こります。
むし歯菌にはたくさんの種類があり、口腔内ではバイオフィルムの状態で歯に付着しています。
バイオフィルムの中のむし歯菌は抗菌剤に対して抵抗力が強く、抗菌剤を使用しても完全に死滅しません。むし歯菌は物理的(歯磨き・クリーニング・スケーリング等)にバイオフィルムを破壊することで減らすことができます。

バイオフィルム:水分を帯びたあらゆる物質の表面に付着し膜状に形成される微生物の共同体です。口の中の汚れの他に川石の表面のヌルヌルした部分や、台所の水回りに発生するぬめりもバイオフィルムの一種です。

Ⅱ. むし歯の成り立ち

むし歯は、いろんな要因が重なってできます。

IV. むし歯の成り立ち

歯・唾液 歯質の抵抗力や唾液の量・質。
細菌 むし歯菌の数。プラーク中8割は細菌の固まりと言われています。
飲食 飲食の内容、摂取量と回数。特に砂糖の摂取量とおやつの回数。
生活 生活環境、リズム、習慣が乱れるとむし歯になりやすくなります。

Ⅲ. 歯の表面の出来事

歯の表面の出来事を模式図でみると、バイオフィルムを介して歯の成分であるカルシウムイオン(Ca)やリン酸イオン(Po4)が歯の表面下とバイオフィルム内を常に移動しています。口腔内環境が悪い(むし歯になる環境)と、Ca と Po4 が唾液の方へ移動します。つまり、歯が溶けて(歯の脱灰)むし歯になります。

II. 歯の表面の出来事

Ⅳ. 「初期むし歯」と「う窩(むし歯で歯に穴があいた状態)」は異なります。

初期むし歯は脱灰と再石灰化のバランスが脱灰に偏っている状態です。う窩は歯の脱灰と再石灰化のバランスがさらに脱灰に偏って、歯の表面に穴があいた状態です。初期むし歯の場合、きちんとした処置をすれば元の健康な歯に戻りますが、一旦歯に穴があいた「う窩」の状態になると、元には戻りません

Ⅴ.むし歯予防と治療

むし歯の処置には、むし歯のリスクコントロール(生活指導)、再石灰化療法(むし歯を削らず再石灰化を促進させる治療)および切削修復治療(むし歯を削る治療)があります。初期むし歯の時は、歯を削らないリスクコントロール、再石灰化療法を行い、健康な歯に戻すような処置を行ないます。

Ⅵ.定期健診は大切

治療後の発症予防のために、一次予防(発症させない)、二次予防(進行させない)および三次予防(再発させない)が大事です。むし歯に負けないよう定期健診をうけましょう!

予防歯科

むし歯予防の新しい考え方、『カリオロジー』とはむし歯のでき方やその原因を追求し、
理解したうえで、予防や治癒を図ることを『カリオロジー』といいます。

I. むし歯という病気を正しく理解していますか?

むし歯でできた歯の穴を削って埋めることで「むし歯を治療した」という錯覚をもっていませんか?
歯に穴があいた状態はむし歯という病気の結果です。健康な歯に穴があく過程は長いプロセスがあります。本来のむし歯の治療は口腔内の環境を変化させることでむし歯の発症や進行を停止させることです。

II. 歯の表面の出来事

歯の表面の出来事を模式図でみると、バイオフィルムを介して歯の成分であるカルシウムイオン(Ca)やリン酸イオン(Po4)が歯の表面下とバイオフィルム内を常に移動しています。口腔内環境が悪い(むし歯になる環境)と、Ca と Po4 が唾液の方へ移動します。つまり、歯が溶けて(歯の脱灰)むし歯になります。

II. 歯の表面の出来事

III. むし歯の原因

むし歯は、むし歯菌が産生する有機酸によって起こります。
むし歯菌にはたくさんの種類があり、口腔内ではバイオフィルムの状態で歯に付着しています。
バイオフィルムの中のむし歯菌は抗菌剤に対して抵抗力が強く、抗菌剤を使用しても完全に死滅しません。むし歯菌は物理的(歯磨き・クリーニング・スケーリング等)にバイオフィルムを破壊することで減らすことができます。

バイオフィルム:水分を帯びたあらゆる物質の表面に付着し膜状に形成される微生物の共同体です。口の中の汚れの他に川石の表面のヌルヌルした部分や、台所の水回りに発生するぬめりもバイオフィルムの一種です。

IV. むし歯の成り立ち

むし歯は、いろんな要因が重なってできます。

IV. むし歯の成り立ち

歯・唾液 歯質の抵抗力や唾液の量・質。
細菌 むし歯菌の数。プラーク中8割は細菌の固まりと言われています。
飲食 飲食の内容、摂取量と回数。特に砂糖の摂取量とおやつの回数。
生活 生活環境、リズム、習慣が乱れるとむし歯になりやすくなります。

V. むし歯のリスク(なりやすさ)は年齢により変化します

むし歯のリスクは人により部位により異なります。また、同じ人でも生涯にわたって年齢により変化します。例えば、乳歯や萌出直後の永久歯、加齢により露出した根面などは臨界 pH が高いためむし歯になりやすい時期です。生活が乱れがちな思春期も注意しなければなりません。

V. むし歯のリスク(なりやすさ)は年齢により変化します

ミュータンス菌の母子感染:むし歯菌の中でもコントロールの難しいミュータンス菌は乳歯の萌出直後に母親から感染します。

VI. むし歯の予防・治療

それぞれの要因に対して予防の方法が確立しています。

VI. むし歯の予防・治療

VII. むし歯のリスク判定

今では、むし歯の原因と予防法、治療法がわかってきました。
しかし、むし歯ができてしまう条件は個人によって異なります。
下図のように科学的な診査・診断をし、あなたに合った予防プログラムを作成します。

VII. むし歯のリスク判定

VIII. むし歯予防のシステム

VIII. むし歯予防のシステム

IX. 料金(保険外のもの)

むし歯のリスク判定検査(税別)
当院で歯科矯正治療をしている方 無料
オーラルケアクラブの方 ¥3,000
上記以外の方 ¥5,000
処置(税別)
歯科保健指導 ¥1,000
フッ素およびナノシール塗布 ¥1,000
レーザー 1歯¥500

X. 完璧なむし歯予防を行うために

むし歯予防の中心は、原因であるバイオフィルムの破壊を行って影響を及ぼさないようにバイオフィルムをコントロールしておくことです。そのためには、患者さん自身によるパーソナル・ホームケアと医院でなければできない器具を用いた専門家によるプロフェッショナルケアが必要となります。

X. 完璧なむし歯予防を行うために

XI. 定期健診は大切

1度きれいになった口腔内も3ヵ月すると再び歯ブラシでは取れないバイオフィルムが付着し、むし歯が再発、進行します。むし歯予防で大切なことは、定期的な来院によりバイオフィルムを除去することです。

XI. 定期健診は大切

保健指導

保護者およびお子様を対象に個別で保健指導を行い、歯磨きの大切さ、むし歯の予防についてお話します。

歯の外傷について

歯の外傷は、「歯のケガ」のことを言います。歯や口をケガした時は、できる限り早く歯科医院を受診して下さい。
見た目は問題なくても、見えない部分で大きな損傷を受けている場合があります。
また、歯が抜けた場合、抜けた歯が乾燥しないことが大事です。
その時、子どもさんも親御さんも気が動転しています。いろいろと御指導しますので、すぐに御電話を下さい。

外傷の治療例(乳歯)

外傷の状態

▲外傷の状態

外傷の状態
歯が脱落。脱落した歯を生理食塩水(500mlの水に塩4,5gほど)にいれ、外傷後1時間で来院されました。

処置後

▲処置後

処置後
抜けた歯を元に戻し、固定のためのワイヤーを装着。
(骨折の際に使用するギプスのようなもの)

固定を除去した状態

▲固定を除去した状態

固定を除去した状態
歯肉が下がりましたが、歯の揺れもなく安定しています。

外傷の治療例(永久歯)

外傷の状態

▲外傷の状態

外傷の状態
右上の前歯は脱落した状態でした。
また、口唇に裂傷が認められました。

処置後

▲処置後

処置後
歯科用矯正装置を用いて固定処置を行いました。
同時に欠けた歯を修復しています。

固定を除去した状態

▲固定を除去した状態

固定を除去した状態
歯の揺れもなく安定しています。

PAGE TOP